久しぶり!モブ男です。

モブ男

前回、記事を更新してから早1年半。何してたんだといわれそうだが、元気に婚活している。今だ結婚には至っていない。

あの時は、「一番出会えるのは婚活パーティー」という結論を出したのだが、今、改めて考えなおしている。

実は、婚活パーティーに参加していく中でこんな悩みが浮上してきた。

  • 婚活パーティーに参加するメンバーの常連化
  • 時間と資金の確保の問題
  • もっと若い子と沢山出会いたい。

確かに婚活パーティーは真剣度も高いし、カップルになれればデートにも発展しやすい。会って話をするので、写真詐欺もない。

何がきついってね、ここ1年~2年くらいで婚活パーティーの参加者が目に見えて減少してるってこと。だって婚活ブームの数年前は、1回のパーティーで15人集まるのが当たり前だった。

でも今はどうよ?せいぜい5人、多くて8人、最悪3人だぜ。コスパも悪くなるし、3回に1回は「あ、前回はども…」みたいなことが起きている。

なのに料金据え置き。(一部パーティーで通い放題のプランとか出てるらしいね)

そして、婚活パーティーが流行りだした4~5年前からずっと参加しているようなベテランのお局様みたいなのも増えてきている。20代前半の子なんてウルトラレアだ。

なにより…何度参加しても結果的に結婚ができていない。これが結果なのではないか?と。

ちなみに1回婚活パーティーで出会った子と付き合ったが、たった3カ月でフラれた。なんか俺キープだったらしい。

前も同じことあったんだけど、婚活をガチでやっているとお付き合い初めてなんか違うなってちょっとでも思ったらキープに成り下がってまた婚活を再開するわけ。だって結婚相手に妥協できないから。

結局本気で死に物狂いで婚活していると、100%理想を見つけるために妥協できなくなってしまって、付き合っては数カ月で破局を繰り返すパターンって多いらしいのね。

俺は割と妥協してでも安定して付き合える彼女が欲しい。結婚もしたいけど、せかされるのはちょっと嫌だ。

といろいろ考えた結果、婚活パーティー俺に合っていないんじゃないか説が出てきた。

今一度見つめなおす、マッチングアプリ・婚活サイトについて

そこで思いついたのが、2番手に挙げていた「婚活サイト」「マッチングアプリ」。改めて調べなおしてみるといろいろな事実が浮き彫りになってきた。

調べた中で参考になったのがこの2つの記事だ。

婚活サイト&アプリを徹底比較した究極のおすすめランキング
【計42個】マッチングアプリを使い倒した私のおすすめランキング(2018年5月版)

この記事ではアプリやサイトの一覧と、実際に使ってみた感想がすべてのアプリで書いてある。名前や公式サイトではわからないリアルな情報が多くて、なんとなく各アプリの特徴や雰囲気が理解できた。

ちなみにそれぞれ「マッチングアプリ」と「婚活サイト」で検索したら上の方に出てた記事である。

婚活サイトって色々あるらしい

婚活サイトの規模大きさに戸惑うモブ男

まずマッチングアプリで40個以上、婚活サイトで20個以上のサイトがあることに驚いた。

俺が使っていたペアーズは氷山の一角にすぎない。たった1個、2個を使ってハズレを引いたからってマッチングアプリはダメだと答えを出すのは早すぎたんだ。

なんてったって、これだけの種類があって1アプリに数十万人の利用者がいるってんだから、マッチングアプリや婚活サイトを使っている人は軽く1000万人を超えているだろう。婚活パーティーはどうだ?いいとこ月間10万人くらいじゃないのか?

俺がマッチングアプリで出会ったのは詐欺写メ2名、メンヘラ2名、美人1名の計5名。5回中4回がハズレくじだったために、マッチングアプリは地雷ばっかだ!とワーキャー騒いでしまった。

反省。

いろんな体験談を読んだ結果、詐欺写メやメンヘラを見極められない俺の見る目が甘かったのではないだろうかと痛感した。(そういえば、メッセージもろくにしないままいきなり面接をブッコんでいた。)

婚活パーティーで場数を踏んだ今なら、女性の裏の顔まで見極められる…!と改めて婚活サイトかマッチングアプリを使ってやろうではないの。と決心したのである。

え?100種類以上あるの?何のアプリつかえばええねん(怒)

マッチングアプリ多すぎてどれ使っていいかわからん問題にぶち当たるモブ男

と、決心したものの、さらにリサーチするとマッチングアプリや婚活サイトは100種類をゆうに超えているらしい。ただ、きちんと会社が運営しているものに絞っていくと50個くらいになるんだそう。それでも多すぎだわ!婚活パーティーだって多くても10社くらいでしょ?

先ほど紹介した記事を見ると

・結婚したい人

・恋人を作りたい人

・遊びたい人

でアプリのジャンルが切り分けていて、さらに顔重視、とか性格重視、といった希望からこのアプリが向いているよというのが紹介されていた。

自分の希望に合わせたアプリを紹介している

引用:https://jsbs2012.jp/matchingapp/review/mami0016.html

さらに、使ってみた感想のなかで俺が気になったのはこのフレーズ。

ダニエルさんが「かわいくて若い子が多くて最高だぜ!!」と言っていた通り、男性も女性も楽しめるアプリ。

withの感想より

ダニエルさんがだれか知らないけど、多分男だろう。かわいくて若い子は婚活パーティーには少ない。婚活パーティーのデメリットを埋められるアプリだと思った。

結果的に、自分から細かな条件検索をせずとも、アプリ側が好みの異性を表示してくれるようになるため、時間をかけずとも婚活ができるようになっていきます。

マッチドットコムの感想より

勝手に自分好みの子を表示してくれるなんて、近未来すぎないか?!自分の好みをアプリが学習してくれるなんて、究極の時短ではないか!これも魅力的だなと思った。

結果的にwithとマッチドットコムのお試し利用を決めた

他にも評判なんかを調べた結果、恋活のwithと婚活のマッチドットコムのダブルづかいをすることを決めた。

料金的に2つのアプリを使っても月額7千円くらいだったんだ。婚活パーティー1回半分くらい。俺は平均して月に2~3回パーティーに参加してたから、2つ同時に使ってもまだまだ安いと感じてしまう。

余裕があれば3つ使ってもいいくらい。だが、メッセージ地獄になることは以前経験しているので、2つから始めてみる。

次回はアプリの利用結果ときっと彼女ができたって報告ができるはず。更新がなかったら彼女出来なかったんだなと思ってもらえればw

お楽しみに!