マッチングアプリOmiaiの魅力に驚く女性のイメージ画像

歳を重ねるごとに連れて増える、女友達からの結婚報告。

20代前半のころは、「学生のときから付き合ってた彼と結婚することになったよ〜!」「彼とのあいだに子どもができて、結婚することになったんだ!」などの結婚報告をたまに聞く程度。私も周りの女友達たちも、どこかで「あの子は結婚して当たり前だよね」なんて思っていました。

しかし、20代後半になると「この子が結婚!?」と驚いてしまうような子たちからも、「最近付き合ったばかりの彼にプロポーズされた〜!」「実は私も、結婚を前提にお付き合いを始めたんだ」などの報告が急増。

いつのまにか、周りは既婚者or婚約済みor結婚を前提に交際中の友達ばかりに……。

あれ……、私、結婚ラッシュの波に乗れてないよね!?もしかして、取り残されてる!?

そんな焦りを感じ始めた私に、最近結婚を前提に交際を始めた女友達がこう言いました。

「実はさ、いまの彼と出会ったの、Omiaiっていう婚活向けのマッチングアプリなんだ。あんたもやってみたら?」

「Omiaiって、よくSNSとか雑誌とかに載ってるアレ?出会い系アプリだと思ってたけど、マジでそんな真剣な出会いがあるの!?」と半信半疑ながらも、私はその場でOmiaiをダウンロードしてみることに。

結論、Omiaiは真剣に婚活できるマッチングアプリだった

女友達に後押しされてOmiaiを始めてみたわけですが、

Omiaiはめちゃくちゃに真面目な婚活向けマッチングアプリでした。

正直、「マッチングアプリって、出会い系アプリのことじゃないの?真面目な出会いなんてそんなあるもんじゃないでしょ〜!」くらいにしか思っていなかった私。

まあでも、彼氏もいないし、合わなければすぐにやめればいいかなと軽い気持ちで使ってみたところ、Omiaiは私のマッチングアプリに対するイメージを180度変えてくれました。固定概念をぶっ壊してくれてありがとうOmiai。

結論から言うと、真剣に結婚相手を探している女性、次の彼とは結婚を前提にお付き合いをしていきたいと考えている女性は、いますぐOmiaiをダウンロードしても損はないです!!

>>Omiaiの無料ダウンロードはこちら

「どんなアプリかもわからないのにダウンロードするのはちょっと……」という女性のために、Omiaiの特徴や使ってみてよかったところ、イマイチだったところを解説していきます!

みんなプロフィールをしっかり書いていて安心できる

Omiaiを始めて一番に驚いたのは、ユーザーのプロフィールが履歴書並みに細かいこと。

Omiaiどころかマッチングアプリを使ったことがなかった私は、マッチングアプリのプロフィールは、性別・年齢・居住地・職業に加えて「最近彼女と別れて寂しいので、誰かお話ししましょう(^^)!」といったクソみたいな自己紹介文くらいだろうと考えていました。

ですが、Omiaiのプロフィールには以下のような項目があり、ほとんどの男性が多くの項目をきちんと入力しているのです。

  • ニックネーム
  • 性別
  • 年齢
  • 居住地
  • 身長
  • 体型(スリム・やや細め・普通・グラマー・筋肉質・ややぽっちゃり・太め)
  • 国籍
  • 使用言語
  • 将来引っ越し可能か
  • 出身地
  • 兄弟姉妹
  • 同居人
  • 血液型
  • 婚姻歴
  • 子供の有無
  • タバコ
  • お酒
  • 好きな料理・店・お酒
  • 社交性(大人数が好き・少人数が好き・1人が好き・すぐに仲良くなる・徐々に仲良くなる)
  • 性格・タイプ
  • チャームポイント
  • 学歴(高校卒・短大/専門学校卒・大学卒・大学院卒・その他、学校名入力も可能)
  • 職業
  • 年収
  • 休日
  • 出会うまでの希望(すぐに会いたい・メッセージ交換を重ねてから会いたい)
  • ペアで会いたい
  • お相手探しで重視すること
  • 初回デート費用(自分or相手がすべて払う・自分or相手が多めに払う・割り勘・相談して決める)

以上です。なげーよ!と思いましたか?私は思いました。

なんと、総計30近い項目数があるうえに、「年収」「将来引っ越し可能か」「婚姻歴」「子供の有無」など、結婚に向けて多くの人が気にするであろう項目も設けられています。

私はOmiaiのプロフィールを見て「もうプロフィールだけで相手のことほとんど知れるじゃん……婚活用履歴書じゃん……」と手が震えました。

し・か・も。自己紹介文は、「東京でIT系企業に勤めている30歳です。なかなか女性との出会いがなく、友達に勧められて始めてみました!趣味はフットサルと映画鑑賞。映画館に行くのが好きなので、一緒に映画を楽しめる人だと嬉しいです(*^o^*)まずはメッセージでお話ししてみて、気が合えばランチでもいきましょう☆よろしくお願いします!」と、みなさんかなりの長文。さしづめ、婚活用志望動機ですね。

私がいままで出会い系アプリやマッチングアプリに無縁だった理由のひとつに、「素性のわからない相手と出会うのが怖い」というものがありました。

警戒心強めなので、Omiai男性ユーザーのプロフィールがすべて本当だとは思えませんでした。ですが、わざわざ嘘の詳細プロフィール、もとい偽装婚活用履歴書を作り上げる暇人も少ないはずなので、ある程度は安心してもいいだろうとも思えました。

メッセージのやりとりでプロフィールをさらに深掘りしていけるし、深掘りしたときに誤魔化すような男性がいれば、「ちょっと怪しい男だ!!」と判断することもできます。

そんなポイントから、「マッチングアプリって、思っていたほど怖くないかも」と安心することができたのが、Omiaiを使い始めることができた一番の理由でした!

男性ユーザーの結婚への真剣度が高い

Omiaiの男性ユーザーは、結婚への真剣度が高めです。

私ももう20代後半なので、そろそろ結婚を視野に入れたお付き合いをしたいと考えています。だからこそ、いわゆる「遊び」や「誰でもいいから、暇な時にデートとかできる彼女が欲しいんだよね!!」といったような男性に時間を割くのは嫌!!

誰でもいいから彼女欲しい系男子ばかりだったら、すぐにOmiaiをやめよう。

そう思いながらOmiaiを使いましたが、結果、誰でもいいから彼女欲しい系男子にも出会わず。みんな「結婚を考えられる相手と出会いたい」「真面目にお付き合いをできる相手と出会いたい」、そんな気持ちでOmiaiを使っている様子が伺えました。

Omiaiは累計会員数が400万人を超える超大規模マッチングアプリですので、なかには出会いへの真剣度が低い男性もいるかもしれません。ただ、私はまったく出会いませんでしたし、数は圧倒的に少ないはずです。

このように真面目で真剣度が高い男性ユーザーが多いのは、Omiaiの公式HPや広告の雰囲気が大きいのかなと思います。

Omiaiのコンセプトは「国内最大級の恋活・婚活マッチングアプリ」ですが、公式HPで紹介されている体験談のほとんどは「Omiaiで出会って結婚しました!」「真剣に将来を考えられる恋人と出会えました!」といったもの。婚活・限りなく婚活に近い真面目な恋活を押し出しているのです。

また、Omiaiの公式HPや広告に使われている写真は、爽やかなカップルの幸せそうな日常のワンシーンが多め。

やたら美男美女のモデルを使ったり、露出の多いお色気系広告を打ち出すマッチングアプリが多いなかで、Omiaiはモデルもテイストもナチュラル志向。だからこそ、誰でもいいから彼女が欲しい系男子はほかのマッチングアプリに流れるのかなと感じました。

性格的に真面目な男性ユーザーが多い

結婚を真剣に考えるような真面目な男性ユーザーが多いOmiai。

真面目な性格をした男性が多いことは、私にとって、メリットでもありデメリットでもありました。

メリットは、将来のことを真剣に考えてくれる相手を探せること。また、大人としての一般常識を身につけた男性や細かい気遣いのできる優しい男性が多くて、不快な思いをすることがない点もメリットでした。

その反面、以下のようなデメリットも。

  • 真面目だから必要以上に気を遣ってくれる
  • 会話も真面目で爆笑できるような冗談は言わない
  • 真面目すぎて女性経験が少ない

これはもう単に私の好みの問題でもありますが、Omiaiを使って出会いを探しているとき、上記のポイントで「う〜ん……この人はなんか違う……」と感じてしまうことが多々ありました。

真面目だから必要以上に気を遣ってくれる

メッセージでは私が話した話題を中心に話を広げてくれたり、一緒に食事をしたときには「こっちのほうが景色がいいから、こっちに座りなよ」「あ、グラス空きそうだね。次は何を飲む?」といった配慮をしてくれる紳士的な男性が多かったです。

ただ、ワガママな私はこれを煩わしく感じてしまうことがありました。

メッセージでこちらの話題を中心にしてくれることも、自然と話を広げてくれることも嬉しいことです。

けれど、「仕事終わった!お腹空いた〜」だけの話にも、「お疲れさま。この時間まで仕事してるとお腹空いちゃうよね(T_T)俺もいつもこのくらいの時間にはお腹が空いちゃって、会社で軽く食べちゃうよ〜↓↓だから太るんだけどねうんたらかんたら」とボリュームたっぷりに返信されると、メッセージがだんだんと長文になって返信が面倒になります。

デートのとき、グラスが空きそうになるたびに「何を飲む?」と聞かれて会話が中断するのも嫌だし、反対に相手のグラスも気にするようにしなければいけない気がして疲れてしまいますしね。

私的に、「親しき仲にも礼儀ありを守りつつも、親しいからこそ気を遣わない部分も作りたいな〜」と思っているので、気疲れすることが懸念点となり、デートをしてもお付き合いまで発展せずに終わってしまいました。相手もきっと、私なんかに気を遣いすぎて疲れていたことでしょう。

ただ、もっともっと仲良くなれば無駄な気遣いもなくなったかもしれないとは思います。男性に大切にされたいと思っている女性だったら、普通に居心地よく感じるんじゃないかな〜とも。

会話も真面目で爆笑できるような冗談は言わない

Omiaiで出会った男性との会話は仕事や趣味を中心とした世間話で、なんというか、「仕事関係の人とプライベートな話をしているとき」みたいな雰囲気でした。

これも仲良くなって、それこそ交際を始めたら変わる要素なのかもしれませんが、会話に笑いを強く求めている私はなんだか退屈に感じてしまうときが多かったです。

こちらが思い切ってくだけてみればよかったのでしょう。でも、くだけることを受け入れてもらえないような、くだけたら「失礼なやつ」と思われてしまいそうな真面目な雰囲気が付きまとっていたので、おちゃらける勇気がでませんでした。

冗談が通じないわけではないのですが、お腹が痛くなるほど笑える冗談を言うこともない。そんな可もなく不可もなしな雰囲気に、「もしかして、相性が悪いのかも?」と感じてやりとりをやめてしまったことが多かったです。

でも、そういう真面目な雰囲気が漂っているのは、相手の男性が「結婚できる女性かどうかを真剣に見極めたい」と思っているからこそかもしれません。結婚を前提に考えているから、仕事や趣味の話を通じて相手の価値観を知っていきたい気持ちが強いのだろうと勝手に感じました。

私は「次の人とは結婚も視野に入れていきたいな〜」とは思っていますが、「結婚できるかどうかを一番の判断基準にしたい!」ほどの強い気持ちもありません。ですので、相手がどうのこうのというよりも、私の真面目さや真剣さが足りなかったと痛感しています。

真面目に真剣に婚活している女性だったら、Omiaiの男性たちの真面目さや真剣さを最高に感じるでしょう。

真面目すぎて女性経験が少ない

Omiaiには、「いままで1年程度付き合った女性が2、3人いる男性」「同じ人と10年近く付き合っていたために1人しか交際経験がない男性」などと、女性との交際経験が少ない男性が多いように感じました。

交際人数が少ないのは、それほど「付き合うこと」を真面目に捉えており、軽はずみに「付き合っちゃう?」なんてことがない男性であるという証でもあります。そのため、完全なるデメリットではないでしょう。

変に女性慣れしていないからこそ、デートではインスタ映えするスポットを調査して行く場所をプランニングしてくれるし、食べログで「女子会におすすめ!」と書かれてそうなおしゃれなお店に連れて行ってくれるし、会ったあとにはすぐに次のデートの予定を提案してくれるし……。

悪いところを挙げるほうが難しいかもしれません。ただ、その「いいところ」が私にとって「悪いところ」でした。

インスタ映えするところに足を運ぶよりも近場でふらっと飲み歩くようなデートがしたいし、女子会が開催されるようなお店よりもサラリーマンしかいないようなしみったれた店に行きたいし、わざわざ予定を立てなくても「明日ご飯食べに行こうよ!」くらいのフランクな感じで会いたいし。

もう完全に私が悪いですね。はい。

私のようなズボラ系女子力低めおっさん女だと相性の悪さを感じてしまう可能性高めなので注意しましょう。普通の女子にとってはメリットでしかないと思います。

Omiaiの登録方法や料金、気になるポイントをチェック!

マッチングアプリOmiaiの特徴やメリットデメリットをメモする女性のイメージ画像

Omiaiは、私のような不真面目で真剣味の足りないおっさん女にとってはデメリットもあるものの、真面目かつ真剣に婚活をしている普通の女子にとっては最高のマッチングアプリであることがわかりましたね。

ここからは、Omiaiの登録方法や料金など、Omiaiを使ってみようか迷っている人が気になるポイントについて解説していきます。

登録方法&料金について知りたい!

Omiaiは女性は無料で使えます。

プロフィールを見てもいいねを送ってもマッチングしてもメッセージの送受信をしても、ずっと無料です。お試しで使ってみても金銭的に損はしないので、興味が沸いたらとりあえず使ってみるのがおすすめ。

自分の写真やプロフィールを登録しなくても男性のプロフィールを閲覧することはできますし、どんな男性がいるのかをちょっと覗いてみるためにダウンロードするのもいいでしょう。

登録はfacebookか電話番号を使って行うのですが、難しい手順は何もありません。登録だけなら1分もかからず終わります。

マッチング率を上げるためにはプロフィールの写真や項目、自己紹介文を設定する必要がありますが、これもちょちょいのちょいで終わります。

まず、項目については基本的に選択式であること。写真や自己紹介文に関しては、人気会員のプロフィールを参考に見ることができるからです。

マッチングアプリOmiaiのプロフィール設定ページ画像

お手本があるので、「何を書けばいいかわからない!!」と迷ってしまうことがありません。楽チンですね。

知り合いにバレたり、個人情報が流出しないか不安!

マッチングアプリを使うときに、「知り合いにバレたら嫌だな〜」と思ったり、「年齢確認に使った身分証明書が悪用されないか不安……」と感じる人は多いはず。

私もここが激しく不安でした。知り合いに「あんたOmiai使ってるんだって〜?必死だね〜プププ〜!」なんて笑われたくないし、免許証に書いてあるのは実家の住所だから何かあったら家族に迷惑がかかるし。

と思って色々調べたのですが、安心してください。Omiai、安全ですよ。

まず、Omiaiはfacebookや電話番号を利用して登録を行いますが、登録をしても、FacebookにOmiaiに関する内容が投稿されたり電話番号で知り合い同士が繋がってしまうことはありません。

また、Omiaiは警視庁にインターネット異性紹介事業届を提出しており、適切な運営方法で男女の出会いを提供している婚活・恋活サービスです。そのため、Omiaiに提出した身分証明書が悪用されることありませんし、Omiaiに登録している個人情報が流出する可能性は極めて低いのです。

さらに、24時間体制の監視やユーザーからの通報システムにより、不審なユーザーに対しては強制退会などの措置を行なっていますので、プロフィールの写真や内容を悪用するような悪質ユーザーは排除されています。

あとは、「実名やSNSのIDなどを簡単に教えない」といった自己防衛を怠らないようにすれば、よっぽどクラブや飲み屋よりも安全に出会えるんじゃないかな〜と思います!

クラブや飲み屋だと、その日以降に会うとしたらLINEや電話番号を交換する必要があるし、なんの気なしに「私、○○駅が最寄りなんです〜」なんてポロっと言ってしまったりしますよね。

でも、マッチングアプリなら連絡先を教えなくてもアプリ上でやりとりができます。「危険かもしれないから注意しよう」なんて先入観もあるから、いつも以上に個人情報を守るための意識が高まり、より安全に出会いを探すことができると感じました。

結局、Omiaiで彼氏はできたの?

正直に言うと、私はOmiaiで彼氏ができませんでした!

先ほども書いた通り、「男性が真面目すぎて私の好みに合わなかったから」です。

いい人がいなかったというよりも、もっといい人がいるんじゃないかと思ってしまったことが、私がOmiaiで彼氏を作れなかった理由だな〜と思います。ただ、もしも私がもっと結婚を強く意識していたら、「こんな優しくて誠実な人、ほかにはいない!」と思えたんじゃないか、と感じる人もいます。

ただ、Omiaiを使っていて嫌な思いをすることはなかったし、「私は婚活じゃなくて、恋活がしたいんだなあ」と気づくこともできたし、Omiaiを使ってみてよかったです。

恋活ではなく婚活をしている人であれば、Omiaiでバッチリ理想の相手を見つけられると思いますよ!

私のようにもう少し恋活寄りでマッチングアプリを利用したい人は、真面目な人が多くて恋活目的にも使われているペアーズを使ってみてもいいかもしれないですね。

ペアーズを利用したレビューはこちらです↓

ペアーズって出会えるの?アラサー独女のリアルレビュー

婚活女子は騙されたと思ってOmiaiを使ってみよう!

マッチングアプリOmiaiをダウンロードする女性のイメージ画像

私のような恋活女子は婚活向けのマッチングアプリであるOmiaiよりも、恋活向けのPairs(ペアーズ)やタップル誕生を使ったほうが恋人を作りやすいはずです。

真剣な出会いを求めている婚活女子はOmiaiがベストマッチするはずですので、騙されたと思って使ってみてください。

たとえ使ってみてミスマッチを感じたとしても、お金をかけているわけではないし、「自分には別のコンセプトや機能があるアプリのほうが合ってるかも」と気づくこともできるので損はしないです!

婚活・恋活はとにかく行動あるのみですので、Omiai未経験者の方は思い切ってOmiaiの世界に飛び込んでみましょう!

>>Omiaiの無料ダウンロードはこちら